歯周病対策にジェット水流

ハブラシやデンタルフロス、歯間ブラシはあくまで当ててこすって役立つのですが、歯周病はなかなか当てれないところでおきます。
 
当てれない、こすれないところをどうするか?
そこで「飛び道具」を使うのですが、正しく当てないといけません。

ハブラシや電動ハブラシのかわりではありません。使う目的、水流を当てる場所を理解してから使いましょう。


 
●毎日使ってください
●当てるところはすべての歯と歯茎の境目です
●ハブラシなど磨いた後に
●水量は1/3程度、水圧はできるだけ強く
鏡を見ずに真下を向く
●口の中に水をためずに、ダラダラ垂れ流しながら
●洗口液など消毒液系はこの後に
●水が染みるならばぬるま湯で
 

※メーカーによってジェットウォッシャーとかウォーターピックとか呼び名が違います。

 
一例)
パナソニック ドルツ
ジェットウォッシャー

HOME | ジェット水流