入るならば歯間ブラシ

結局のところ、ハブラシでは不可能な「歯と歯の間」の掃除が虫歯や歯周病になりやすいわけです。
そこをデンタルフロスでお掃除するわけですが、歯間ブラシが通るようならばそちらを優先しましょう。
サイズは4Sからあります。
お子さんでも特に前歯で使えることがあります。

HOME | 歯間ブラシ